テレコイルとは|その仕組みと活用方法を解説

補聴器を使用している時に周囲の音が邪魔をして言葉がうまく聞き取れず困ったり、話者との距離が遠くて言葉がうまく聞き取れないという事が難聴者にはよくあります。
そんな時に役に立つ機能の一つにテレコイルというものがあります。
今回はテレコイルについてわかりやすくお伝えします。

テレコイルとは

テレコイルはTコイルともいわれていて、補聴器の機能を拡張するものの一つです。

テレコイルは補聴器の内部にコイル状に配置されていて、補聴器のマイクとは別に磁気で音を拾います。
電話の受話器やスピーカーなどの一部の装置の副産物として発生する磁気や磁気誘導ループシステムなどの設備がある場所で使用する事ができます。

テレコイルを使用すると、周囲の雑音や反響音などで聞き取りにくい言葉をしっかりと聞き取れるようになります。

テレコイルはすべての補聴器で使用されているわけではありません。
テレコイルが付いている機器とついていない機器があり、機種によってはオプションで搭載を選択します。

磁気誘導ループシステム

テレコイルを使用するには磁気がある空間が必要です。
その空間を作る磁気誘導ループシステムはヒアリングループ、磁気ループ、誘導ループと呼ばれています。
磁気誘導ループシステムは、難聴者の聞こえをサポートするシステムです。

磁気誘導ループは音声を磁気に変換し、その磁気を補聴器や受信機が受信することで音声として聞くことができます。
ループアンテナ内で誘導磁界を発生させることで音声磁場をつくります。

テレコイルはこの磁気誘導システムの中で使用可能になります。
ループシステムの外に出ると磁気が安定しなくなるため、テレコイル使用は難しくなります。

テレコイルを使用すると何故聞こえるのか

通常話者の音はマイクなどを通して遠くへ届けます。
この時音は壁や床にぶつかり反響音が発生します。
また周囲が騒がしい場合、話者の声は雑音にかき消されてしまいます。
話者との距離が遠くなるほどに音が小さくなり、雑音が邪魔をして聞き取りが困難になります。

磁気を通して音を聞くと、この雑音が入る事が無くなります。
さらに非常にクリアな音質で補聴器に話者の声がダイレクトに届くようになります。

補聴器にはテレコイルのみで音を聞くか、マイクとテレコイル両方使うか、補聴器のマイクだけを使うかを選択できるスイッチが付いている機種があります。

テレコイルのみを使うと発信装置から発信される音のみを聞くことができます。
マイクとテレコイルを両方使う場合は発信装置からの音と合わせて周囲の音も聞こえる状態になります。
最新の補聴器などは磁気を感知すると自動でテレコイルが起動するよう設定できるものもあります。

磁気誘導ループシステムの形状

磁気誘導ループシステムはさまざまな形状が用意されています。
使用用途や目的により最適なシステムを選択する事ができます。

常設型

建設時にループ配線を床下に埋設する方法。
埋設を碁盤の目のように設置する事で、どの場所に居ても安定した磁界が得られます。
しかし移動する事が出来ないため使用場所が限られます。

移動型

必要な場所に配線ループを作る方法。
野外イベントや建物に施行がされていない場合に使用します。
使用可能エリアを自由に設定する事が出来ますが、ループワイヤから発する磁場と補聴器との距離が遠くなると聞こえが悪くなります。
また磁界に合わせて補聴器の向きを調整する必要があります。

ヘッドフォン型

通常のヘッドフォンと似たような形をしていて、補聴器の上から直接かけて使用します。

首かけ型

ネックレスのように首からぶら下げて使用します。
Ipodや携帯電話とつないで音楽を聞く事も出来ます。
タイループともいわれています。

耳かけ型

コイルがフックのような形をしていています。
磁気誘導システムの中では最も耳に近いところで装用します。
シルエットコイル、シルエットインダクターとも呼ばれます。

テレコイル対応電話機

テレコイルは最初に導入されたとき、固定電話で使用する機能でした。
電話でテレコイルを使用する場合は、電話機がテレコイル対応機種である必要があります。
テレコイル対応機種ではない電話機を使用している場合は外付けのテレコイル対応アンプを受話器へ付けることでテレコイルを使用する事が可能です。
またスマートフォンのテレコイル使用が可能になる機器などもあります。

テレコイル対応電話や移動型ループシステムなど、様々な機種を取り扱っているサイトを参照してください。

参照 自立コム 電話機関連

テレコイルとiPhone

iPhoneには補聴器モードというものがあります。
iPhoneは幅広い補聴器と接続をして使用する事が可能になっています。
iPhoneと補聴器が接続をすることで、電話の聞き取りが改善したり音楽を聞くことができるようになります。
また、iPhoneのマイクを使用して少し距離の離れている人の声を補聴器へ届けることができます。

Phoneと接続できる補聴器「Made for iPhone」であることが条件ではありますが、テレコイルを使ってiPhoneからの音を補聴器で聞くことが可能です。

まとめ

テレコイルは補聴器や人工内耳で言葉を聞き取るときに、周囲の雑音を排除して聞くことができる便利なシステムです。
最近はBluetoothが主流になってきていますが、Bluetoothを使用すると補聴器の電池の減りが早くなるためテレコイルを好んで使う方もいます。

テレコイル付きの補聴器を試してみたい方は西部補聴器へご相談ください。

関連記事

PAGE TOP