難聴3つの種類|聞こえが悪いと思った時にすべきコトとは

難聴には大きく分けて3種類あります。
ここでは難聴についてわかりやすく解説をしていきます。

耳を図解するとこのようになります。
難聴にはいくつか種類があり、どの部分に問題があるかで難聴の種類が変わってきます。

おしゃれ補聴器の専門店

伝音難聴

音を伝える部分に問題がある場合に起きる難聴です。
主に外耳~中耳にかけて問題がある事が多いです。
もっともわかりやすいものは、耳垢のつまりによる難聴です。
伝音難聴は耳鼻科で処置をしてもらう事で解決する場合も多々あります。

原因は様々ですが中耳の感染症(中耳炎)、良性腫瘍(真珠腫)、鼓膜の損傷(鼓膜穿孔)、外傷、中耳・外耳奇形などがあげられます。
伝音難聴は補聴器を付けると補聴効果が高いとされています。
また骨伝導補聴器などを使用する事で聞こえが改善する傾向があります。

感音難聴

音を感じる部分に問題がある場合に起きる難聴です。
主に内耳(蝸牛と有毛細胞)が正常に働かない事で起こります。
感音難聴の原因は先天的か後天的かで分かれています。
先天的な感音難聴は出生時に難聴がおきています。
遺伝的なもの、母体が風疹に罹りおきるなどが原因とされています。
後天的な感音性難聴はケガや加齢、騒音曝露、メニエール病、髄膜炎など原因は様々になります。
現在治療法は確立されておらず、聴覚情報を確保するために補聴器か人工内耳を使う事が一般的になります。

混合性難聴

混合性難聴は伝音難聴と感音難聴両方の症状が出てくることをいいます。
混合性難聴は軽度から重度までにおよび、老人性難聴ともいわれています。
感音難聴の原因には、遺伝性、過度の騒音、特定の薬剤、加齢などが挙げられます。
先天性欠損症、疾病、感染、腫瘍や腫瘤、および頭部外傷などはすべて、伝音難聴および感音難聴の双方の原因となリ得ます。

治療法としては伝音と感音の割合によって、治療が異なります。
薬物療法、手術、補聴器、人工内耳など様々になります。

難聴のきこえ方

伝音難聴は耳をふさいだ状態をイメージすればおおよそどのように聞こえているのかは想像ができます。
しかし感音難聴はそれとは全く違う聴こえ方をします。

普通の人のきこえ方 katousan

普通の人がこのくらいの音で聞こえていたとしたとき、伝音難聴は

伝音難聴の人のきこえ方 katousan

こんな感じで聞こえています。

しかし感音難聴の人は

感音難聴のきこえ方 katousan

このように聴こえています。
混合性難聴になると、音も小さくなりますので

混合性難聴のきこえ方 katousan

こんな感じで聞こえています。

言葉がぼやけて輪郭がわからず何を言っているのかハッキリと聞き取れません。
これは補聴器を付けたとしても変わる事がありません。

補聴器を付けると聞こえるようになると勘違いをする人が多いのですが、実際は補聴器を付けても言葉のぼやけ方は変わる事が無いため「おそらくこう言っているのだろう」と予測はできてもハッキリと聞き取れているわけではないのです。

補聴器は言葉を聞き取るために様々な技術が搭載されているので、ある程度言葉をクリアにすることは可能です。
しかしそれでも感音難聴の言葉のぼやけを完全にクリアにすることはできません。

混合性難聴のきこえ方 katousan

この聴こえ方を補聴器を使う事で

補聴器を付けた聴こえ方 katousan

こんな感じにするイメージです。

補聴器を付けたから完璧に聞き取れるわけではないという事を知ってください。

難聴だと思ったらすべきこと

最近聞き間違えが増えた
周囲がうるさいと聞き取りが悪い
テレビの音がうるさいと言われた
小鳥のさえずりが聞こえない
聞き返しが増えた

このような事が重なった時、自分はもしかして聞こえが悪くなったのかな?と不安になります。
自分が難聴かもしれないと思った時に、まずどうすればいいのか??

難聴かもしれないと思ったら、まずは耳鼻科に診察に行ってください。
難聴の原因が何かを医師に診てもらいましょう。
耳垢が詰まっているだけかもしれませんし、もしかしたら違う病気が原因で聞こえにくくなっているかもしれません。
まず病気が無いかを耳鼻科へ行き診察をしてもらいましょう。
そこで難聴に関して相談をしたとして、医師から「まだ補聴器は必要ないよ」といわれても安心はしないでください。

聞き間違い、聞き漏らし、聞き返しが増えた場合は軽度の難聴かもしれません。
まだ聞こえると思っているのは、実は周囲が大きな声で話してくれているからかもしれません。
日常生活上で聞こえない事が原因で困る事がある場合、補聴器を使う事を考えてください

難聴になると音が聞こえなくなります。
音が聞こえない事をそのままにしていくと、言葉を聞き取る力が落ちていきます。
一度言葉を聞き取る力が落ちると、取り戻すことは非常に難しくなります。
軽い状態のうち・言葉を聞き分ける力があるうちに補聴器を使ってしっかりと聞こえる環境を整えることが大切です。
聞こえる状態をしっかりと作ることで、言葉を聞き分ける力が落ちることが無くなります。
仮に時間が経って聴力が落ちても、言葉を聞き取る力が残っていれば補聴器で音をしっかりと入れることで会話を聞き取る事は出来る状態になります。

言葉を聞き分ける力が落ちた状態で補聴器を使っても、思ったような効果を得ることができません。
音は聞こえるけれど、言葉が聞き取れないというのは言葉を聞き取る力が落ちてしまったからです。
そうならないためにも早めの装用をする事をお勧めします。

まとめ

難聴には伝音難聴・感音難聴・混合性難聴の3種類があり、難聴の種類により治療が異なっています。
聞こえにくいと感じたら、まずは耳鼻科に行き診察をしてもらう事が大切です。

補聴器は聴こえを補う機器ですが、難聴の種類によっては完全に聞き取りが良くなるわけではありません。
どの程度聞き取りが改善するかなどは、言葉の聞き取りの力がどの程度あるかにより左右されます。
詳しく知りたい方はお近くの販売店か西部補聴器までご相談ください。

The following two tabs change content below.

北村 美恵子

認定補聴器技能者。これまで500名以上の方の聴こえに関するお悩みを解決してきました。西の風新聞にてコラムも連載中。 補聴器に関することなら何でもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP