【漫画でわかる】補聴器の正しい選び方

聞こえにくいなぁと自覚して、補聴器をいざ購入しよう!と思った時、どうやって補聴器を選べば良いのかわからずに困ってしまう方が沢山います。

今回は失敗しない補聴器の選び方を漫画でわかりやすくご紹介します。

補聴器の選び方

今回のテーマはこちらです。補聴器の選び方 どこのメーカならよく聞こえるの?高く無いと聞こえないの? ズバリ言います。メーカーで悩まずに店選びで悩んでください。 メーカーごとの音質の違いは確かにあります。しかし重要なのはメーカー選びではありません。 補聴器を調整する調整者がきちんと正しい調整をできるかどうか・・・ここがしっかりと出来ていなければどのメーカーを選んでも同じです。誰が調整をするかが最も重要です。 補聴器の調整にはきちんとした理論に基づいた処方式が用いられます。理論がしっかりとわかっていないと適切な調整ができません。 いわれるがままに音量を上げたり下げたりするような調整はダメです。どんなに親切に対応をしてくれたとしても調整が適切でなければよい調整者とは言えません。 良く聞こえる補聴器を選ぶためには腕の良い調整者を選ぶ必要があります。良いお店を選べばよい調整者はいます。お店選びがとにかく大切になります。 補聴器は専門家が聴力を確認して、適切な機種を選定し調整を行います。使用者の日常生活や使用場面、その他様々な要素を考慮し最適な機種を選びます。 とりあえずきこえりゃいいからさちゃっちゃと聞こえるようにしてちょうだいよ ちゃっちゃと聞こえるようにする事はムリです どんなにいい補聴器を使って聞いたとしても、使う側の脳が処理できない状態であれば聞こえません。音を聞くだけならすぐに聞こえますが、言葉の聞き取りには訓練が必要です。 そもそも聞きたいって何をですか?音ですか?言葉ですか?どんな場面で何を聞きたいと思っていますか? ソ・・そんなこと言われても・・・考えたことなかったし・・・ では一緒に考えていきましょう☆ハ・・・ハイ 優先順位の高い希望を専門家へ伝えてください。専門家はその希望を考慮して、機能面や価格面で最適な機種を選定します。 補聴器の価格は機能と直結します。高額な物ほど多機能・高音質です。そして違いが最も顕著に表れるのは周囲がうるさい環境の時です。 高額機種であれば確かによりたくさんの音を処理できるので、音に対する反応は良くなる傾向があります。しかし高ければ言葉がよく聞こえるわけではありません。適切に調整をされた補聴器を適切に使用する。これが最も大切です。どの補聴器が良いかはせ補聴器の特徴を知っている専門家へ任せてください。 専門家と言っても国家資格がある訳ではありませんが、認定補聴器技能者の資格を持っている人に相談をしてください。 ここだけの話、お医者様は耳の事はよく知っていますが、補聴器の事はあまり知りません。補聴器に関する事は技能者に相談してください。 技能者も勉強をしているかどうかは人それぞれです。疑問や不安にきちんと答えてくれるか確認しましょう。 補聴器選びで大切なのは誰に調整をしてもらうか、これにつきます。メーカーで聞こえ方が大きく変わるのではなく、調整によって聞こえは大きく変わります。ここを忘れないでくださいね。では次回までお元気で~~

まとめ

補聴器を選ぶときまずどこのメーカーであればよく聞こえるのかと悩む人が多いのですが、メーカーで悩む前にまずは何処のお店で誰に調整をしてもらうかで悩んでください。

メーカーごとの特徴はありますが、何処のメーカーを選んだとしても調整がしっかりと出来ていなければ高価な耳栓になる事は間違いがありません。
お店選びと調整者選び、これがまず最も大切です。

そして何よりも一番大切なことは自分自身の求める物は何なのかをハッキリとさせることです。
どのような場面で、誰の声を聴きたいのか?ここを具体的にしておかないまま補聴器を購入すると期待するほどの効果を得られない場合が多いです。

補聴器を購入するときには必ず「目標」を設定します。
補聴器を付けてどんなことがしたいか、何を目標にするのかで選ぶ機種も求める機能も変わってきます。
使用する本人の希望が漠然としていると、結果もハッキリとしない漠然としたものになってしまいます。

使用目的をハッキリとさせ、技能者と二人三脚で目標に向かって進んでいく事が補聴器選びの正しいプロセスです。
これを一緒にやってくれると信じられる調整者を見つけてください。

なかなか難しいと思いますが自分のお住いの近くの技能者を検索できるサイトをご紹介しますので参考にしてください。

認定補聴器技能者検索システム

補聴器に関して相談したいという方は西部補聴器までお問い合わせください。

The following two tabs change content below.

北村 美恵子

認定補聴器技能者。これまで500名以上の方の聴こえに関するお悩みを解決してきました。西の風新聞にてコラムも連載中。 補聴器に関することなら何でもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP