【漫画でわかる】補聴器が合わない原因と解決方法

補聴器を使っている人の話を聞いたとき「補聴器が合わなかった」という声を聴いたことはありますか?
何故補聴器が合わないと思う人が多いのか、わかりやすく漫画でご紹介します。

補聴器が合わない人が多いのは何故か?

今回のテーマはこちらです。補聴器が合わない人が多いのは何故? 原因は色々とあるとは思います。其の中でもよくある原因は二つほどあげられます。 ひとつは基本的な事を知らないためにおきる使用上の間違いや勘違いです。二つ目は調整不足や調整不適合などです。 使用上の間違いで最も多い間違いは、使いたいときだけ使うという使い方です。 まず補聴器は常に付ける必要があります。音が聞こえる事が当たり前の状態に脳が慣れるためには、常時装用が必要です。沢山の音を聞き、必要のない音と必要な音を脳がチョイスする事ができるようになるには時間がかかります。補聴器を付けてからしばらくの間は聞こえるためのリハビリ期間だと考えてください。 補聴器を付けてから三ヵ月はリハビリ期間だと思ってください。毎日朝から夜までしっかりと使いましょう。 補聴器を付けたら聴こえのトレーニングをしてみましょう。本や新聞などを音読してください。見て・聞いて・書くとさらに効果的です。 どうしてもうるさいと思う場合は、どのような場面でうるさいかを調整者に伝えてください。状態を伝えることで適切な調整を受けることが出来るようになります。 もう一つは調整不足などの調整不適合です。補聴器は購入してから数回調整を行う必要があります。 購入した時に調整をしたきりで終わっている場合や、何度調整をしても調整自体が間違っている場合があります。そのような場合は装用していても『聞こえない」と判断されることが多いようです。 購入後調整を行っていない場合、何故聞こえないのか?それは初めての装用の時には小さめの音量からスタートするからです。 いきなり目標の音を入れてしまうとうるさくてつけていられないため、初めは小さめの音からスタートしていきます。 時間をかけて音が聞こえる環境に脳を慣らしていきます。目標まで段階を踏みながら少しずつ音を上げていきます。 毎日装用していると一か月しないうちに音に慣れてきます。すると音量が物足りなくなってくるようになります。 このような理由から初回の調整だけでは音量が不十分になってしまいます。何度も言いますが、補聴器は購入してからがスタートです。 次に調整不適合は何故起こるのか?これは調整を行う人の知識不足から起こります。 よくあるパターンを例として挙げると、うるさいという訴えに対して、音量をうるさくないレベルに下げてしまう調整があげられます。 人は誰でも聞きなれた状態を心地よいと感じます。必要な音量を入れた時、音に慣れていなければ不快で当たり前です。 顧客の訴えのままに音量を下げてしまうと、必要な音が全く入らないただの高額な耳栓になってしまいます。このような調整不適合は非常に多く見られます。 調整不適合化どうかは補聴器装用確認の測定でしっかりと確認をする必要があります。このような確認をしっかりと行うお店を選んでください。 間違っても補聴器を付けて耳元で「きこえますかー」と確認して終わり・・・そんなチェックしかできないお店では買わないでください。 補聴器は数店舗回って相談してください。ここなら大丈夫と信頼が出来るお店で購入をしてください。できるならば認定補聴器技能者が在籍しているお店で購入してください。そして自分にとってピッタリな補聴器を技能者と作り上げて下さい。諦めずに良いお店を探してくださいね~

まとめ

補聴器を使ったけれど、使う事をやめてしまった人の対多数が「補聴器が合わなかった」と言います。
また「うるさくて使えなかった」というセリフもよく言います。

補聴器がうるさいのは何故なのかはこちらの漫画をご覧ください。

補聴器が合わないという方のお話をよくよく聞いてみると、補聴器を使う為に必要な事をほとんど行っていないのです。
販売店の説明不足が主な原因ではありますが、値引きに釣られて悪いお店に引っかかってしまっている場合も多々あります。

補聴器を使う為にはリハビリが必要であり、それなりに聞くためのトレーニングが必要です。
補聴器から聞こえてくる音に脳が順応するためには、ある程度の時間がかかります。
そのためのサポートが補聴器販売店の大切な役割の一つです。

音を受信するのは耳だけれど、その音を認識するのは脳であることをしっかりと頭に入れて聞こえのトレーニングを行ってください。
音を意識して聞く事は大切なトレーニングになります。

音読は自分の声で言葉を再学習するために行います。
聞き取りを改善するために行うお手軽なトレーニングですので、ぜひやってください。

しっかりと補聴器を使いこなしたいとお考えの方は、西部補聴器までお問い合わせください。
聞こえのトレーニングを含め、しっかりとサポートいたします。

 

The following two tabs change content below.

北村 美恵子

認定補聴器技能者。これまで500名以上の方の聴こえに関するお悩みを解決してきました。西の風新聞にてコラムも連載中。 補聴器に関することなら何でもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP