補聴器ブログ

難聴・補聴器に関するお役立ち情報を配信しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 値段と相場
  4. リサウンド補聴器の相場価格

リサウンド補聴器の相場価格

今回はリサウンド補聴器の相場価格について解説したいと思います。

リサウンド補聴器とは

GNリサウンドは1869年に設立された補聴器メーカーです
デンマークに本社があり、業界初の技術を次々と生み出してきました。
ワイド・ダイナミック・レンジ・コンプレッションという小さな音はしっかりと聞こえるように、大きな音は大きすぎないようにという増幅をするという技術によって、感音難聴者の不快感を劇的に軽減させることに成功しました。

1992年には世界初のハウリング抑制技術を開発し、音量を下げなければ解決しなかったハウリングの問題を解決しました。ハウリング抑制はリサウンドの代名詞と言っても良いでしょう。

そしてハウリング抑制技術の進歩によりオープンフィッティングが可能になりました。
耳の穴をふさがないオープンフィッティングは原音に近い自然な聴こえと、快適な装用感を実現したことで世界に旋風を巻き起こしました。

グループにJabraという音響メーカーがあり、このメーカーの技術が補聴器にも反映されています。

リサウンド補聴器の価格はどれくらいか

リサウンド補聴器の価格は幅広く、一つ50万円台の高価格帯の物から6万円台の低価格帯の物まであります。
リサウンドは耳穴補聴器と耳かけ補聴器の他にポケット型補聴器も販売していて、ポケット型補聴器は4万円台から販売しています。

リサウンド補聴器は形状・シリーズ・クラスにより価格がそれぞれ異なっています。
必要な機能などは使用目的によって異なるので、まずは自分がどんな場面で使用したいかをよく考えましょう。

お仕事で使用する場合は5クラス以上を選択する事をお勧めします。
シリーズによりますが5クラスだと一つおおよそ16万円台~になります。

形別リサウンド補聴器の価格相場

リサウンド補聴器は形状とクラスにより価格が微妙に異なります。
クラスは数字が小さくなるほど機能が少なくなり、価格も控えめになっていきます。

耳穴型

リサウンドの耳穴型補聴器は耳かけ型補聴器よりも、少しだけ価格が抑え気味になっています。
耳穴型補聴器に力を入れていて、様々な形状のベントや外マイク式耳穴補聴器など選択肢が広い事が特徴です。

最高ランクの機種で52万円、低価格機種で5万円台からになります。
軽度~重度まで幅広い聴力に対応しています。

耳かけ型

リサウンドの耳かけ型はRIC補聴器もBTE補聴器も価格は同じになっています。
充電式補聴器はRIC補聴器のみになっています。
充電式と電池式で価格が異なっていて、充電式の方が若干高めになっています。

充電式の最高ランク機種は一つ56万円、ベーシックランクは一つ27万円になっています。
電池式の最高ランク機種は一つ52万円、低価格帯機種は一つ5万円台からになります。

ポケット型

リサウンドのポケット型は1種類になります。
高度までは4万円台、重度までになると6万円台になります。

クラス別リサウンドの価格相場

リサウンドの補聴器は型とシリーズとクラスによって価格が異なります。
クラス別のおおよその価格をご紹介します。

9クラス

リサウンドの技術の粋を集めた最高ランクの機種になります。
会話の聞こえやすさ、あらゆるシーンにおいて補聴器が環境に合わせた音(空間認識、声センサー、雑音制御、ボリューム調整など)を全自動で調整してくれるなど至れり尽くせりの機能が搭載されています。

耳穴補聴器は52万円~34万円になります。
耳かけ補聴器は充電式は56万円、電池式は51万円~33万円になります。

7クラス

リサウンド補聴器のミドルクラスの補聴器になります。
会話の聴こえやすさと合わせて、周囲の環境に合わせたボリュームと声の出る方向を自動で検知し聞き取りがしやすいようにします。

耳穴補聴器は34万円~22万円になります。
耳かけ補聴器は充電式は38万円、電池式は33万円~22万円になります。

5クラス

もっともベーシックなクラスの補聴器になります。
普段自宅にいることが多く、外出も病院や買い物程度という方にお勧めのクラスです。

耳穴型補聴器は23万円~17万円になります。
耳かけ補聴器は充電式は27万円、電池式は22万円~16万円になります。

4クラス

補聴器入門用のクラスになります。
静かな場所で過ごし、あまり外出をしない方にお勧めのクラスになります。

耳穴型補聴器は17万円~14万円になります。
耳かけ補聴器は16万円~14万円になります。

3クラス・2クラス

低価格帯のクラスになります。
必要最低限の機能が備わっているクラスです。

耳穴補聴器は3クラスで12万~9万円台になります。
2クラスでは耳穴補聴器はありません。
耳かけ補聴器は3クラスで12万円~9万円台になります。
2クラスは8万円台~6万円台になります。

まとめ

リサウンド補聴器はデンマークに本社がある補聴器メーカで、姉妹ブランドにjabraがあります。
業界初の技術を次々と開発している革新的な補聴器メーカーです。

シリーズにより特徴が異なり、クラスによって搭載機能が変わってきます。
リサウンドはワイヤレス通信をいち早く取り入れたメーカーで、携帯電話との接続もスムーズに行えます。
スマホのアプリを使ってイコライザーを弄ることが出来るので、好みの音を作りたい方にはお勧めのメーカーです。

リサウンドの補聴器が気になる、もっと特徴を知りたいと思う方は西部補聴器までお問い合わせください。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。