補聴器ブログ

難聴・補聴器に関するお役立ち情報を配信しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. おすすめメーカーと選び方
  4. シーメンス補聴器の評判・レビュー

シーメンス補聴器の評判・レビュー

シーメンス(シグニア)補聴器の評判はどのようなものか、わかりやすくご紹介します。

シーメンス(シグニア)補聴器の歴史

1878年 ヴェルナン・フォン・シーメンスが最初の難聴補助器具「Phonophor」を開発
1951年 ポケットサイズ補聴器発売
1959年 耳かけ型補聴器発売
1966年 耳穴型補聴器発売
1997年 フルデジタル補聴器発売
2011年 防水・防塵補聴器発売
2013年 micon発売
2014年 binax発売
2015年 シバントスに変更

シーメンス補聴器は140年の長い歴史を持つメーカーです。
2015年にEQT社にオーディオロジー部門が売却されシバントスグループへとなりました。
シーメンスの歴史を引き継ぎ、質の高い聴覚ケアと補聴システムを提供しています。
ドイツが発祥の地になり、ドイツ語と日本語とは音域が近い事から日本語を聞き取るときに聞きやすい音色になっています。

おしゃれ補聴器の専門店

認定補聴器技能者から見るシーメンス製品

私の個人的な見解になりますが、シーメンス(シグニア)の補聴器は非常にユーザーの声を取りいれた音作りをしているなと感じます。

充電式補聴器は各社出していますが、RIC補聴器(小さく目立たない耳かけ補聴器)が主流でBTE補聴器(昔ながらの耳かけ補聴器)は出していません。
しかしシーメンス(シグニア)はBTE補聴器を出しています。
手先の自由が利かない高齢者にはRIC補聴器は小さく扱いづらいため、BTE補聴器が良いのですが各社ともに充電式はありません。
シーメンス(シグニア)だけが販売をしています。
電池の入れ替えが難しいシニアには充電式はとても使い勝手がよいので、ユーザーのためにという意味では一つ抜きに出ていると感じます。

また自分の声が気になるという声に対しても自分の声を補聴器に記憶させ、こもり感が出ないようにする機能を搭載しています。

シーメンス発祥の地ドイツの言語ドイツ語は、日本語と言葉を聞き取るときに必要な周波数が近いので日本語が聞き取りやすい音質になっています。
音の処理としては邪魔な音をカットして聞きたい音にフォーカスするという作り方をしているので、初心者には非常に使いやすいメーカーになっています。

見た目おしゃれで補聴器に見えないスタイレットという機種を出したりと、見た目にもこだわりを持っています。
見た目だけでなく補聴器のパワーも十分で、重度難聴用の補聴器は非常にパワーのあるものになっています。
価格帯も高価格なものから、入門機としてはかなりお手ごろ価格な物まで取りそろえているので選択肢が広くなっています。

シーメンス(シグニア)は耳穴補聴器にも非常に力を入れていて、高価格帯のものになると補聴器の組み立てを一人のマイスターが専属で行うという事もやっています。
職人を大切にするドイツが発祥のメーカーだなと感じるシステムになります。

しっかりと言葉を聞き取りたい初心者にはお勧めのメーカーさんです。

お客様のレビュー

60代女性

友達との会話が聞き取りづらく、悩んでいた時に娘から勧められてシーメンス補聴器を使うようになりました。
補聴器を付けたら今までの悩みは何だったのかと思うくらい、会話が良く聞き取れるようになりました。
携帯電話をコントローラー代わりに使えるアプリがある事も良かったです。
手元でサッとボリュームを調整したりできるのが便利で助かっています。

70代男性

退職してからボランティアで地域の子供に昔の遊びを教えていますが、数年前から子供の声がうまく聞き取れなくなりシーメンス補聴器を使うようになりました。
使うようになってからは一生懸命話しかけてくる子供の話を聞くことができるようになりました。
思ったほどうるさくもなく、非常に快適に使っています。
友人とゴルフに行った後の食事会でも役に立っています。

40代男性

仕事で聞き漏らすことが増え、支障が出てきたので補聴器を使う事にしました。
様々なメーカーの中から日本語が特に聞き取りやすかったシーメンス補聴器を選びました。
補聴器を使うようになってからは、仕事上の聞き漏らしも減りました。
スマホと連動して電話をする事が出来るのも非常に助かっています。

80代女性

歳と共に聞き取りが悪くなり、娘に言われシーメンス補聴器を使う事にしました。
初めての補聴器に戸惑いはありましたが、今は使ってよかったと思います。
テレビを見るときに音が大きいと言われていましたが、補聴器を付けてからはそのような事も言われなくなりました。
デイサービスへ行くときにも欠かさず補聴器を付けていきます。

まとめ

シーメンス(シグニア)補聴器は日本語が非常に聞き取りやすい音質をしています。
そしてユーザーの声をよく聞いて、より便利に聞き取りしやすくするために技術開発しています。
初めて補聴器を使う人にはお勧めの補聴器です。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。