専門家がおすすめする補聴器TOP3

お勧めの補聴器をご紹介します。

おすすめ補聴器1位

Oticon社 Opens

この補聴器は今までの補聴器と根本的に考え方が違っています。
今までの補聴器は言葉を聞くためにある方向の音をフォーカスしてその他の音を絞って入れない状態にするという処理をしていました。

このOpenという補聴器は360度すべての方向からの音を入力しながらも、言葉だけをチョイスします。

今までの補聴器は例えるならば真っ暗なステージ上にたくさんの人がいてもスポットライトが当たっている人しか見えない状態でした。
しかし、このOpensは舞台全体が見渡せる状態でスポットライトを当てたい人に当てることが可能になっています。

全体を見渡しつつ、必要な会話をきちんと聞くことが出来るのです。これ、ちょっとすごい事です。

これまでの補聴器技術では、レストランのような騒音があり聞き取りの難しい環境では、周りの音を遮断して、主に正面の一人の話者の会話の聞き取りを高めるよう聞こえを狭めていました。周囲の会話やグラスの音などは聞き取りを妨げるノイズとして抑制され補聴器ユーザーにとっては、周囲の音が消し取られた、人工的な聞こえを余儀なくされてきました。 オーティコンオープンの極めて高速な処理能力では周囲の全方位の音環境を分析します。音とノイズを正確に区分し、不要なノイズだけを抑えて、より自然な360°の音の世界を届けます。周りの人の声が自然と耳に届くことで、ご自身が聞きたい会話に耳を傾けることができます。

Oticon Open説明より引用

クラスが3クラスあり、一番人気はOpens3です。
個人的にはここのメーカーさんの考え方が好きで、ついお勧めしてしまっています。
もちろん、このメーカーの音質が嫌だという人には無理やりお勧めはしていません。

お勧め補聴器第2位

PHONAK オーデオパラダイス

オーデオパラダイスは補聴器業界世界シェアNO,1のフォナックが自社開発したチップを搭載した最新の補聴器です。
モーションセンサーが搭載されていることにより、今まで補聴器では補いきれなかった歩いている時と止まっている時での音の聞こえ方が変わります。

止まって正面から話を聞いているとよく聞こえても、歩きながら話をすると聞き取りがしにくくなる‥‥そんな不便を解消する補聴器です。
またスマホと連動しアプリを使う事で、より聞き取りがしやすくなります。
例えば周囲が騒がしい時に会話が良く聞き取れない・・そんな場面の時にアプリを使い環境に合わせて音を調整する事で聞き取りが改善する事が出来るようになります。

周囲が静かな環境の時も、ささやき声などの小さな声は聞き取りにくいものです。
しかしパラダイスなら静かな場所での小声の聞き取りも良く聞こえるようになります。

スマホとダイレクト接続をすることが出来、電話を受けるときなども補聴器をタップするだけで操作をすることができます。もちろん音楽を再生したり一時停止する時も補聴器をタップするだけです。
会議などでもロジャーと連動する事でより聞き取りがしやすい環境を作る事が出来ます。

おすすめ補聴器第3位

GNリサウンド ワン・マリー

 

GN Resound ワン・マリー

世界初の3つのマイク搭載で音を立体的に聞くことが出来るようになった補聴器です。
このメーカーさんの補聴器は音質が良く、とてもクリアに聴こえると好評です。ないよりもハウリングしないんです。

そしてここのメーカーの補聴器は補聴器内部まで撥水加工されているので汗などの浸食で故障する確率がグンと下がります。ワイヤレスアクセサリーも充実していて使用目的に応じて使い分けることが出来ます。
iPhoneと直接接続することができ、android携帯も別途アイテムを追加すれば補聴器をヘッドフォン代わりに使う事が可能です。

専用アプリを入れることで遠隔調整が可能になったり、GPSが搭載されているので紛失した際探し出したりすることも可能になっています。
補聴器の紛失保障も充実していて、クラスにより保障期間は異なりますが紛失した時に保障内であれば同クラスの補聴器を無償で提供してもらえます。

以上の補聴器以外にも各社お勧めの補聴器は沢山あります。
まずはお店で試聴して、使用目的に応じたシリーズを検討してみてください。

The following two tabs change content below.

北村 美恵子

認定補聴器技能者。これまで500名以上の方の聴こえに関するお悩みを解決してきました。西の風新聞にてコラムも連載中。 補聴器に関することなら何でもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP