目立たない補聴器の種類・選び方を解説します

 

最近聞こえにくくなってきたから、そろそろ補聴器をした方がいいかな・・・と思った時、補聴器を付けていることを周囲に知られたくないと思う人は多くいます。

長い事補聴器をしている方でも「耳が悪いと言えても補聴器を付けているとは言えない」という声を聴きました。
これは何故なのか?
お話をよくよく聞くと、補聴器のイメージが「老い」と直結している事がわかりました。
補聴器をしている=年寄り
このイメージから歳を取っているとみられたくない、年寄りと思われるのが恥ずかしいという心理が働くようです。

補聴器は年寄り臭い、かっこ悪い、そんなイメージから補聴器を付けていることを隠したいと思う人が大勢います。

昔の補聴器は大きく目立つものが多かったのですが、今の補聴器は非常に小さくコンパクトで、つけていることがほとんどわからない物が多く出ています。
今回は目立たない補聴器の種類や選び方をわかりやすくご紹介していきます。

目立たない形の補聴器は3種類

一昔前の補聴器は肌色で耳の後ろにどーーーんと鎮座していて、パッと見て補聴器とわかる物が大半でした。
しかし時代と共に補聴器も大きく進化を遂げ、現在の補聴器は非常に小さくコンパクトになっています。

目立たない補聴器はIIC・CIC・RICの三種類になります。

3種類の特徴早見表は下記の通りとなります。

  IIC CIC RIC
タイプ 耳穴型 耳穴型 耳掛け型
見た目 全く見えない ほぼ見えない 線が見える
価格 18万円から 17万円~ 12万円~
使い心地 非常に良い 非常に良い 非常に良い

それでは各々について詳しく解説していきます。

CIC

cicとはCompletely-In-the-Canalの略で耳の中に入れる補聴器です。
iicより入れる場所は手前になりますが、非常に小さくつけていることがほとんどわからなくなっています。

CIC補聴器はIIC補聴器が出てくるまでは最も小さくコンパクトな補聴器でした。
IICほどではありませんが、鼓膜近くで音を出すことが出来るので響くことが無く耳本来の集音機能を使う事が出来ます。
出し入れしやすくコンパクトで電話などをする時、受話器位置を気にすることなく使用する事が出来ます。
IICとCICは非常に小さいため通信機能をそぎ落としていることが多く、無線通信などを使って携帯と接続する事はできません。

CIC補聴器はマイクとレシーバーの位置が近いため、少しでも隙間があるとハウリングが起きる可能性があります。
また小さいため紛失しやすい傾向があります。

CIC補聴器は非常に小さいため、軽度~軽中度難聴の方が対象になっています。

IIC

IICとはInvisible in the canalの略で耳の奥に入れる補聴器の一種です。

極小耳あな型の目立たない補聴器(IIC)は、耳あな型の中で最も小さく、目立たない補聴器で、軽度から中等度の難聴を抱える人に最も適しています。

リサウンド補聴器より引用

非常に奥深くに入れるため、表からは補聴器を付けていることが全く分からなくなっています。

IICは鼓膜の手前まで入れるので、耳本来の集音機能を活かすことが出来ます。
また鼓膜のすぐそばで音がでるので響きが少なく、より自然な聴こえを得ることが出来ます。

しかし耳が小さい人や曲がりのきつい人などはIIC補聴器を入れることが出来ない場合があります。
この補聴器は本体が非常に小さいため軽度難聴~軽い中度難聴の方のみ対応になっています。

 

RIC補聴器

耳かけ補聴器もRIC補聴器は非常に小さく、つけていることがほとんどわかりません。
RIC補聴器とは耳かけと耳穴のいい所どりをしている補聴器です。

耳穴補聴器は小さくコンパクトで目立ちにくいのですが、マイクとレシーバーの距離が近いためにハウリング(ピーピーという不快な音)が起きやすい傾向があります。
一方耳かけ補聴器はマイクと音の出口が離れていることでハウリングリスクは少なく、スペースがあるので様々な機能を搭載できるのですが目立ちやすい傾向があります。

RIC補聴器は耳かけ補聴器の「ハウリングリスクが少ない」「様々な機能を搭載できる」利点と、耳穴補聴器の「鼓膜近くで音を出すことで響きが少なくなる」「目立ちにくい」という利点を合わせた補聴器です。

また対応聴力も幅広く、軽度~重度まで対応しています。
レシーバーを交換する事で聴力が大きく変動していても対応する事が出来ます。

RIC補聴器はレシーバーと本体を繋ぐ線が非常に細く、パッと見ただけでは付けていることはほとんどわからなくなっています。

目立たない補聴器の色選び

目立たない形とは別に、色選びも大切です。
目立たない補聴器の色選びには2種類あります。

まず耳穴補聴器の場合は表面に見えるプレート部分は、黒かベージュしか選ぶことが出来ない場合が多いです。
大半はベージュのフェイスプレートを選択する事になります。

GNリサウンド リンクス3D¥170000~

フォナック バードBチタン¥390000~

髪色に合わせる

耳かけ補聴器RICの場合は髪の毛に近い色を選ぶと目立ちにくくなります。
肌色の方が目立ちにくいと思う人が多いのですが、実際は髪の毛の色に近い色を選んでいただくと目立ちにくくなります。

写真では金髪なのでシャンパンベージュを付けていますが、白髪であれば白、黒髪であれば黒、茶色く染めている場合はチョコレートブラウンなどを選択すると目立ちにくくなります。

肌の色に合わせる

男性で髪の毛が短い人などは肌色に近いものを選ばれると目立ちにくくなります。
RIC補聴器は本体が耳たぶの後ろに隠れてしまうため、よほど注意深く見ない限りわからない場合が多いです。

目立たない補聴器の価格

補聴器の型で価格はあまり変わる事はありませんが、耳穴と耳かけで差があるメーカーもあります。
基本的にはどのシリーズのどのクラスの補聴器を選ぶかによって、価格に差が出てきます。

耳穴補聴器のIICとCICは軽度~中度の方を対象としているので、難聴の程度によっては対応にならない事がありますのでご注意ください。

耳かけ補聴器のRICは軽度~重度まで対応しています。
高度~重度の人は耳の穴に入れるレシーバーが、耳穴補聴器のCICの形になるのでご注意ください。

価格帯としてIICは18万円前後~、CICは18万円台~からになります。
RIC補聴器は12万円前後~になります。

  IIC CIC RIC
耳穴式 耳穴式 耳かけ式
価格 18万円~ 17万円~ 12万円~

まとめ

目立たない補聴器には耳の穴に入れる耳穴補聴器と、耳にかけるRIC補聴器の二つの種類があります。
耳穴補聴器には形の大きさが数種類ありますが、その中でも特に小さいIICとCICが目立ちにくくなっています。

RIC補聴器は本体が小さくレシーバーと本体を繋ぐ部分が紐のように細くなっているため、つけていることがほとんどわかりません。

目立たない耳穴補聴器は、比較的軽い難聴の方向けの物になります。
難聴の程度によってはRIC補聴器しか選べない事もありますのでご注意ください。

目立たない補聴器に興味のある方は西部補聴器までお問い合わせください。

The following two tabs change content below.

北村 美恵子

認定補聴器技能者。これまで500名以上の方の聴こえに関するお悩みを解決してきました。西の風新聞にてコラムも連載中。 補聴器に関することなら何でもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP