補聴器が高額なのは何故なのか【漫画でわかる】

聞こえにくいなと考えた時に補聴器の購入を考えると思います。
自分でいろいろ調べる中で、補聴器の価格の高さに驚いた人は多いのではないでしょうか?

何故補聴器は高額なのか?
わかりやすく漫画で紹介いたします。

補聴器が高額なのは何故か

 

今回のテーマはこちらです。補聴器が高額なのは何故? 確かに補聴器って高いですよねぇ。あんなに小さくて軽いものに何十万もするってどんだけって話です しかし音を大きくするだけではなく様々な機能を搭載していることがわかると、何故補聴器が高額なのかがわかってきます。 まず日常生活はさまざまな音が溢れています。沢山の音の中から言葉と雑音を区別して言葉をより聞きやすく処理します それはと問えるならば本を開いた瞬間にこの人を見つけ出し、周囲から浮き上がらせるようにこの人を目立たせる処理を補聴器はしています 通常感音難聴の聞こえ方はぼやけて聞こえてきます。そこもある程度補聴器がクリアに聞こえるようにサポートしてくれます。 難聴の人は聞こえる音の幅が少ないためどうしても聞き取れない音が多くなり、結果として言葉の聞き分けが出来なくなります 視覚で表すとこれが通常の聞こえ方です。可愛いワンちゃんと一目見てわかります しかし難聴になるとこのようにあるところ以上は確認が出来なくなります。これでは一体何なのかさっぱりわかりません デジタル補聴器は聴こえの幅に合わせて調整をして言葉をわかるようにします。音を圧縮して全体をわかるように調整しています。 これらの処理を音が入ってきた瞬間に同時進行で処理しています。イヤー素晴らしいテクノロジーですねー 音を圧縮する事で多少の違和感を感じることはありますが、トレーニングを重ねることで徐々に脳が順応するので問題はありません。 この他にもスマホやテレビの音を補聴器から聞く事も可能です。今や補聴器はワイヤレスデバイスそのものになっています。 補聴器の価格には調整費などのアフターフォローの代金も含まれています。調整費込みだからこそ、しっかりとしたお店で購入する必要があります。 言葉の聞き取りに特化した機能があるほかに高額になる理由があります。それは補聴器を使用する人の相対的な人口が決して多くないという事です。 製品の性質上どうしても大量生産・大量消費が難しい現実があります。結果として一つ当たりの単価が割高になるうえ、開発費・研究費がかかります。さらに良いものを提供するための投資資金も上乗せされるとどうしても高額になる現実があります。 補聴器は確かに高額です。気軽に買える価格ではないかもしれません しかし補聴器を使用する事で得られる価値に目を向けてみてください。補聴器はあなたを孤独から救い出してくれるはずです 難聴が原因での様々な悩みも適切な調整をされた補聴器を装用する事で解決する可能性がグンと上がります。 適切に調整された補聴器の装用と聞こえの練習を繰り返すことで言葉がしっかりと聞こえる環境を作っていきましょう 適切な調整がされている補聴器の価値は価格以上の価値があります。聞こえる喜びはプライスレスです。 これからの時代は予防に力を入れる必要があります。新進の健康のためにも難聴対策をしっかりと行いましょう 心身の健康はどんなものよりも価値があるものです。様々な問題を起こす難聴対策をしっかりとし、楽しい毎日を過ごしましょう。毎日を実りある豊かに送るためにも補聴器を活用してください。ではまた次回までさようなら~

まとめ

補聴器はもともとは伝音難聴の方のために作られました。
時代の経過とともにデジタル技術がでてきて、感音難聴の方向けにも使える補聴器が出てくるようになります。

昔ながらのアナログ補聴器は小さな音を聞くために音をしっかりと入力すると、大きな音が入ってきたときに大きくなりすぎてしまう欠点がありました。
これは補聴器を付けることで難聴が進んでしまうという原因にもなっていました。

技術革新は日々進みます。
今ではピーピーと音が漏れてうるさいハウリングを抑えるための技術や、大きな音が大きすぎず小さな音はしっかり聴こえるようにする周波数圧縮など時代と共にどんどんと性能が上がってきています。

デジタル補聴器になり、感音難聴の方でも補聴器を使用する事で聞き取りが改善できるようになりました。
完璧に聞こえる事はありませんが、非常に多くの労力を費やしていた「聞く」という事を補聴器がサポートする事で負担がだいぶ減るようになりました。

今の補聴器は「補聴する」だけではなく、様々な機能がプラスされています。
通信機能を活用したワイヤレスイヤホンとしての使い方や、国内ではまだ出てはいませんが補聴器で健康管理をできる機能などもついている機種が出てきています。
AI搭載の補聴器なども出てきていますし、補聴器はまだまだ進化を続けていくでしょう。

機能面で良くなるとどうしても価格が高額になってしまいます。
補聴器を選ぶ際には必要な機能は何か?を良く考えて選択する事をお勧めします。

補聴器に関するご相談や質問は西部補聴器までお問い合わせください。

関連記事

PAGE TOP