補聴器ブログ

難聴・補聴器に関するお役立ち情報を配信しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 漫画でわかる補聴器
  4. 【漫画でわかる】補聴器がうるさいと感じるのは何故?

【漫画でわかる】補聴器がうるさいと感じるのは何故?

初めて補聴器を使用した人は必ず言う事があります。

「補聴器はうるさい」

これはなぜか?わかりやすく漫画でご紹介します。

補聴器がうるさいのは何故なのか

今回のテーマはこちらです。補聴器がうるさいのはなぜ

これねー補聴器あるあるです。初めて使う人のほぼ全員が必ずいうかもしれません

補聴器を必要としている人の多くは聴力が低下している状態です。当たり前に聞こえている音が聞こえていない状態なわけです。自覚のあるなしに関わらず聞こえていないという事はつまり

暗い世界にポツンといるそんな感じです。

補聴器を付けると聞こえていなかった音が一気に聞こえてきます。それは暗闇に光が差し込んだようなものです。

聞こえていれば当たり前に雑音は聞き流すことが可能です。しかし難聴者は音そのものを忘れているために音の選別ができません。結果として入ってくる全ての音を聞いてしまい「補聴器はうるさい」となってしまいます。

暗闇に光が差し込めばまぶしくて当たり前です。

時間が経つと徐々に慣れてきて視界が開けてきますよね?音も同じで補聴器を使って聞こえてくる音に脳が慣れてくるとうるささは軽減します。音のある状態になれるためには常に補聴器を付ける必要があります。付けることが当たり前にならないと補聴器の効果を感じることは難しいでしょう。

補聴器を使う為には時間がかかります。音のある環境に脳を慣らす必要があるからです。

補聴器は付けて終わりではなく付けてからがスタートです。目標まで一歩ずつ階段を上るように進んでいきます。

補聴器を付けてから三ヵ月はリハビリ期間だと思ってください。うるさいからと付けないでいるといつまでたっても聞こえないままです。毎日補聴器を装用し沢山の音を聞いて脳を働かせてください。音が当たり前に脳へ届く環境をしっかりと作ってください。

最初は疲れると思います。それでも一週間に習慣と装用期間が過ぎていくと音に慣れていきます

装用者の周りの方も声掛けをしてください。周囲の支えで装用を継続できることは多々ある事です。家族や周囲の理解とサポートは大きな力になります。

補聴器がうるさいのではなく、世界は沢山の音が溢れていてあなたがその存在を忘れているだけだったのです。

適切に調整をされた補聴器であれば大体三ヵ月使用すれば効果を実感できるでしょう。装用する人と周囲の理解とサポート、そして調整をする技術者との三位一体がポイントです。納得のいく説明をしっかりとしてくれる販売店で、補聴器を入手してください。それではまた次回までごきげんよぅ~

まとめ

聞こえないという事は人とコミュニケーションを取る事が出来ないという事です。
難聴は「コミュニケーション障害」と言われています。

コミュニケーションを取るために補聴器を使用すると、初めての方はほぼすべての方が口をそろえて「うるさい」と言います。

長い間音が聞こえない世界に居た状態で、いきなり音が入ってくると脳みそが処理できずにある意味パニックを起こします。
通常聞こえている方は雑音を聞き流すことができます。
しかし難聴の方はこの雑音を聞き流すことができません。
特に補聴器を付けたばかりの頃は、聞こえる音全てを聞いてしまうためとても疲れます。

聞こえてくる音が何の音なのか正体をつかむことで、「聞き流しても良い音」を学習していくと聞き流しがある程度できるようになっていきます。
しっかりと調整をされていることが前提ではありますが、およそ1週間~2週間程度補聴器を使用していただくとある程度の音には慣れてくるようになります。

このように段階を踏みながら徐々に補聴器から聞こえる音に脳を慣らしていきます。
3か月程度かけて補聴器から聞こえる音をしっかりと聞ける態勢をつくり、その後微調整を行っていきます。

補聴器を使いこなすためには忍耐と努力と時間が必要です。
そのサポートをするために補聴器技能者がいます。

付けたその日から魔法のように聞こえるわけではなく、山登りをするように少しずつ段階を踏みながら目標へ向かって二人三脚で進んでいく必要があるのが補聴器です。
大変ではありますが、しっかりと聞こえる状態に持っていく事で円滑なコミュニケーションを取る事ができるようになります。

補聴器を購入する際にはしっかりとサポートをしてくれる販売店を探して購入してください。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。