よくある質問

補聴器購入の際によくある質問をまとめました。

用途・性能に関して

補聴器の購入を考えています。どんな形のものが良いでしょうか

補聴器には耳穴補聴器・耳かけ補聴器・箱形補聴器と大きく3つの形があります。
聴力と手先がどの程度動くか、生活環境などにより最適な形が異なってきます。
目立たないものがいいと言っても聴力によってはどうしても大きくなってしまう事もあります。
使用環境や聴力を基にどの形が良いか、専門家とよく相談をしてください。

補聴器と集音器の違いはなんですか?

価格・音質・機能が異なります。
補聴器は医療機器、集音器は家電製品になります。
補聴器は言葉を聞くために様々な技術が盛り込まれていますが、集音器は音を聞くだけなので言葉が聞き取れるとは限りません。
周囲が騒がしい環境下でも補聴器はある程度言葉をハッキリと聞き取る事が出来ますが、集音器は言葉以上に周囲の雑音もボリュームが上がるため聞き取りが改善する事はありません。

補聴器を付けたら会話が良く聞こえるようになりますか?

補聴器を付けるとある程度聞き取れるようにはなります。
しかし難聴の種類によっては聞き取りが改善しない場合もございます。
どの程度改善するかなどは販売店での測定である程度予測ができますので、販売店でご相談ください。

どこの補聴器メーカーの物が聴こえやすいですか?

聴力と生活環境によりその方に適した補聴器は変わってきます。
補聴器はメーカーで選ぶよりも、調整する人を選ぶことが大切です。
補聴器を高価な耳栓にするか、第二の耳にするかは調整する人にかかっています。
お店選びをしっかりとするようにしましょう。

補聴器はいつから使えばいいの?

補聴器を使う時期は早ければ早いほど良いとされています。
聞き返しが増えた、手を耳の後ろに当てて話を聞くようになった、テレビの音が大きくなったという行動が出てきたら軽度難聴の可能性があります。
聞こえにくいなと感じたら使う事をお勧めします。

購入に関して

補聴器はいくらくらいしますか?

補聴器の価格は非常に幅広く、片耳で安くて6万円~最も高価な物だと50万円まであります。
価格が機能と直結しているため、あまり安価な物を購入すると満足した聞こえが得られない可能性があります。
かといって高価であれば満足できるかというと、そうとも言えません。
目安としては家族との会話がメインで、たまに病院へ行くという生活の方で片耳15万円前後の機種を選択していただければ失敗は無いと思います。

補聴器には助成は無いのですか?

現在補聴器に関する助成は障がい者福祉に関するものしかありません。
手帳が支給されるには条件があり、条件に当てはまらない場合は助成がおりません。
しかし、医療費控除の対象にはなっていますのでまずは販売店に相談してください。

お医者様から補聴器はまだ必要ないと言われたのですが、補聴器は買えないのでしょうか?

お医者様に補聴器が必要ないと言われても、聞こえにくい事で困り感がある場合は補聴器を使用する事をお勧めします。
最初にお医者様の所へ行くのはあくまでも疾患によって聞こえにくくなっているのかどうかを判断してもらうためだと思ってください。

父に補聴器をプレゼントしたいと思います。どの補聴器が良いでしょうか?

補聴器をプレゼントするお話はよく聞きますが、必ずご本人様が使う気持ちがあるかを確認してください。
補聴器は使用してすぐに使えるものではなく、使いこなすまでに時間と努力が必要な機器になります。
本人に使用する意思がない場合はプレゼントしても使わない事が大半です。
またお店に相談に行くときには必ず本人を連れて行くようにしましょう。

補聴器はどこで買えばいいの?

補聴器を販売しているお店は補聴器専門店・量販店・眼鏡店・デパートなどがあります。
お勧めは認定補聴器技能者がいる補聴器専門店です。