漫画と文字で勉強しよう!補聴器の基本知識

「補聴器 勉強」のテーマになるよう修正お願いしま

補聴器が必要だと思った時、もしくは身近に補聴器を付けている人が居る時になって初めて「補聴器」というものは身近な存在になってきます。

補聴器というものは多くの人にとって、「聞いたことはあるけれど、それが具体的にどんな働きをするのかは全く分かっていない」物だと思います。

集音器との区別もつかずに聞こえないからお試しで集音器を購入して、「補聴器はうるさいだけで聞こえない」と誤解している人もたくさんいます。
またどうやって選べばよいかわからずに、言われるままに補聴器を購入してみたけれど結局使わずに箪笥の肥やしになっているという人も多くいます。

補聴器について正しく知る事で、失敗しない補聴器選ぶをすることが出来るようになります。

今回は補聴器が必要になったときに困らないようにするための基礎的な事を学んでいきましょう。

補聴器と集音器

聞こえにくくなった時補聴器を試してみたいなと思う人も多くいます。
しかしお店に足を運ぶのは億劫だし、買わされたら困るし…という事で手軽に通信販売やインターネットを通じて補聴器を購入する人が多くいます。

さて補聴器と思って購入した「それ」は果たして補聴器でしょうか??
もしかすると、補聴器と見た目がそっくりな物で音を大きくする集音器かもしれません。

補聴器と集音器の違いはなんなのか?わかりやすく紹介します。

補聴器とは

補聴器とは読んで字のごとく「聴こえを補う機器」になります。
補聴器は「言葉」を聞くために作られた機器で、医療機器として厳しい基準をクリアしている物を指します。

言葉を聞き取るためには雑音と言葉を区別する必要があります。
補聴器は雑音と言葉を瞬時に聞き分け、雑音を抑え言葉のみを聞き取りやすくする事が出来ます。
ある程度音量が入るという状態は、雑音も入る事にはなりますが雑音の中から言葉を浮き上がらせ聞き取りがしやすいように音を処理しています。

そして個人個人の聞こえ方に合わせて音を調整する事が出来ます。
例えばAさんとBさんは聴力は同じような状態だったとしても、周波数ごとに見てみるとそれぞれ聞こえる音と聞こえない音が違ってきます。
このように個人差がある聴力を、その人の聴力に合わせて最適化した音を作り言葉の聞き取りをしやすいように補聴器の音を作る事ができます。

補聴器は個人に合わせて言葉をより聞き取りやすくするために、音をカスタマイズすることが出来ます。

集音器とは

テレビや新聞などで宣伝されている「〇〇太郎」や「楽ちん〇〇〇ング」などは集音器というもので、音を聞くための物で言葉を聞くための物ではありません。
集音器は家電製品という括りになっていて、集音器には聴覚を保護するための機能や言葉を聞き取りやすくするための機能はついていません。

集音器はあくまでも聞こえる人向けに作られているもので、「音」を聞くために作られています。
静かな場所でちょっときこえが悪くなった人がテレビを見る時だけに使う、という場合などは十分に役立つ機器です。
しかし聞こえがかなり悪い方や、周囲の雑音がかなりある環境などでは集音器を使っても聞きたい言葉が聞き取れることはありません。

個人の聴こえに合わせて調整をする事も出来ないため、声を聴きたいのにボリュームを上げると周囲の雑音ばかりが聞こえてうるさくて何も聞き取れないという事が起きやすくなります。

補聴器を使う時期

いつから補聴器を使えばいいのか?聴こえに不安を感じた時にまず考えることの一つです。
医者に相談に行ったら「まだ必要ないよ」と言われてしまったから、補聴器は使えないの?と不安になる人もいます。
補聴器が必要かどうかは以下のチェックで一つでも当てはまるものがあれば、使うタイミングです。

  • 聞き返しが増えた
  • 耳の後ろにとぉあてて聞くようになった
  • 早口の声が聞き取りにくくなった
  • 呼びかけられても気がつかない時がある
  • テレビのドラマの声が聞き取りにくい
  • 周りが騒がしいと会話が聞き取りにくい
  • 複数人での会話が聞き取りにくい
  • 家族で見ているテレビの音が聞き取りにくい(小さいと感じる・うるさいと言われる)
  • 今まで聞こえていた虫や鳥の鳴き声が聞こえない
  • 耳鳴りがし始めた

軽い難聴になると静かな場所や一対一の会話では問題がなくても、複数人での会話や騒がしい場所での会話では聞き取りが難しくなってきます。
軽い難聴の段階で補聴器を使い、しっかりと補聴することで「ことばを聞き分ける力」を残すことが出来ます。
この言葉を聞き分ける力は難聴を放置する事で、どんどんと落ちていきます。

一度聞き取りの力が落ちると、それを取り戻すことは非常に大変な労力を必要とする事になります。
良く補聴器をつけていても「音は聞こえるけれど、言葉が聞き取れない」という声を聴きます。
これなどは言葉を聞き分ける力が落ちているために起きることです。

補聴器は早期装用をすることが大切です。

補聴器の選び方

補聴器を選ぶとき最も大切な事は、メーカーでも機種でもなくお店選びです。
取り扱っている補聴器は何処のお店でも同じものです。
しかし補聴器は調整をする人によって良く聞こえる補聴器になるかどうかが決まってきます。

メーカーや機種をどれにしたらよいか悩む前に、何処のお店で購入すればよいのかを考えましょう。
ポイントとしては

  • 聴力測定を3つ以上行っている(気導・骨導・語音明瞭度)
  • やたらと値引きしない
  • 高額商品ばかりをすすめない
  • しっかりと説明してくれる
  • 試聴させてくれる
  • 3つ以上お店を周り、信頼できるお店を選ぶ

補聴器に対する噂

補聴器に対して様々なうわさを聞くと、不安や疑問が出てくると思います。
良い噂というよりは悪い噂の方が多く聞こえてくるのではないでしょうか。

3つほど代表的な例を挙げて説明したいと思います。

補聴器はうるさいだけで聞こえない

「補聴器はうるさいだけで聞こえない」「高いだけで使えない」「いつまでたっても聞こえない」など補聴器を使ったことがあるという人が良く言うこのセリフ、これにはいくつか原因があります。

  1. 補聴器と集音器を混同している
  2. 適切な説明がなされずに誤解している
  3. 使いたいときだけしか使っていない

補聴器を初めて使う時、10人中9人は「うるさい」と言います。
これは今まで聞こえていなかった音が、補聴器を付けることで聞こえるようになるからです。
音は耳から入りますが、それを「言葉」として処理するのは脳になります。
聞こえている人は当たり前のように音を「聞き流す音」と「聞かないといけない音」に区別して聞いています。
しかし、聞こえていない人はこの区別をしていませんから補聴器を付けることですべての音を聞いてしまいます。

暗闇に居て目が慣れたところでいきなり光が差し込んだら、まぶしくて目を開けられないのと同じです。
時間の経過とともに『聞こえるのが当たり前」になるとこの違和感も気にならなくなってきます。

補聴器をつけても良く聞こえない

補聴器を付けると若いころのように何でも聞こえるようになると思っている人が居ます。
価格が高い事から過度に期待をしているという事もありますが、できる事と出来ない事の説明をされていない事も多くあります。

まず補聴器は魔法の機器ではありません。
付けたらすぐに聞こえるという事はあり得ませんし、使い慣れるまでには時間と努力が必要になります。
周囲の理解とサポートも必要です。

そもそも耳で音を集めても、集めた音を言葉として理解するのは脳の仕事になります。
聞こえていない事が当たり前になっている脳は、急に音が聞こえてきたからと言って突然その音を判断できるようになるわけではありません。

補聴器を使う時は、時間をかけて聞こえなくなり忘れてしまった音を思いだす必要があります。
さらに補聴器から聞こえてくる音は今まで聞いていた音とは違う音として聞こえてきます。
その新しく聞こえる音を一つ一つ再学習する必要があるのです。

補聴器を付けてから3~6ヵ月は『聞こえのリハビリ期間」になります。
このリハビリを根気強く続けることが、聞こえる補聴器を作るためには欠かせません。

そして補聴器は使い続ける限り、メンテナンスをする必要があります。

補聴器を付けると10年前の聞こえを取り戻すことが出来る、と考えてください。
そして補聴器を付けずに長い間難聴を放置している場合は、補聴器を付けても満足を得られない事も有るという事を知っておいてください。

補聴器の使用方法

補聴器を使用している人でも意外と間違って使っている方が多くいます。
まず補聴器を自分が聞きたいときだけ使うという使い方をしている人が多くいます。
この使い方が最も多い間違った使い方の一つです。

補聴器は朝起きてから夜寝るまで、活動している間はずっと付けていることが基本です。
自宅でくつろぐときに外すという事はありますが、基本的にはいつでも付けていてください。
「音が聞こえている事が当たり前」という状況を作る事が大切です。

補聴器をしっかりと使っている方は、補聴器を外すと聴こえなくて耳が悪くなったのではと思う事があります。
これは逆に音が聞こえていることが当たり前になっているという証拠です。
補聴器が役に立っているという事なので、不安になる必要はありません。

まとめ

補聴器をしっかりと使いこなしている人は、補聴器についてしっかりと勉強をしています。
補聴器についてしっかりと勉強をすることは、失敗しない補聴器選びには必須です。

基本的な勉強をした後、自分にピッタリな補聴器はどれなのか?を選ぶためには専門家のアドバイスが必要です。
自分に必要な補聴器はどんなものなのか?詳しく知りたい方は西部補聴器までお問い合わせください。

 

 

The following two tabs change content below.

北村 美恵子

認定補聴器技能者。これまで500名以上の方の聴こえに関するお悩みを解決してきました。西の風新聞にてコラムも連載中。 補聴器に関することなら何でもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP