補聴器と集音器の違い

 

補聴器と集音器の違い

補聴器と集音器の違いは見た目にはわかりません。価格は大きく異なりますが、見た目は見分けがつかないものが大半になります。
ここでは補聴器と集音器の違いについてわかりやすく解説しています。
こんにちわー第三回目のテーマはこちらです。補聴器と集音器の違いについて
集音器?なにそれ?安い補聴器のことかしら?
補聴器と集音器は見た目はそっくりです。しかし、中身は全くの別物です
どちらが補聴器かわかりますか?
集音器も補聴器も音を大きくするという原理は同じです。しかし「何の」音を大きくするのか?目的が大きく異なります。
集音器は「音」を大きくします。マイクで集める音全てを大きくしていきます。
補聴器も音を大きくします。「言葉」を大きくして周囲の雑音は小さくする事ができます。
聞こえないなら音を大きくすれば聞こえると考える人が多いのですが、音を大きくしただけでは言葉を聞き取る事はできません。
難聴にはいくつか種類があり、感音性難聴という音を感じる部分に問題がある難聴は音が歪んで聞こえています。
こんな風に音が小さく聞こえていると思われていますが
実際はこのような感じです。
音を大きくしても欠けているところは欠けたままです。音を大きくしても言葉はハッキリと聞き取れません
高齢者の難聴は感音難聴と音を伝える部分に問題がある伝音難聴の二つがまじりあっています。
集音器は音を集めるだけです。小さな音は大きく。大きな音はさらに大きくするだけです。
補聴器は周囲の雑音を小さくして言葉を聞き取りやすくしてくれます。雑音を抑えるだけではなく、言葉をよりクリアに聞こえるように周波数帯で調整ができます。さらに最新のものは音を立体的に感じられるような音処理をするものも出てきています。
補聴器の目的は音を聞くことではありません。言葉を聞くこと、コミュニケ―ションを改善することが補聴器の使用目的です
話がしたい、会話を聞きたいと思うなら補聴器を使う事をお勧めします。
また補聴器と集音器は機器の分類も異なっています。
補聴器は管理医療機器に分類されています。医療機器ですから、厳しい基準値が設けられています。
補聴器には耳を守るための基準や装置が付いています。集音器は家電製品なので安全基準や装置はありません。
突然大きな音が入ってきたとき、補聴器は音が大きくなりすぎないようになっていますが集音器にはそのような機能はありません。
補聴器による音響外傷の可能性は否定できませんが、そこはしっかりと専門家が気を付けて調整を行う事で防ぐことが可能です。
補聴器は使う人の聞こえに合わせて調整をしますが、集音器は調整はできません。音を大きくするか小さくするかだけです。
イメージとして例えるなら補聴器はオーダーメイドドレス。集音器は既成のワンピースといったところでしょうか。
オーダーメイドは出来上がりまでに時間がかかります。価格も高額ですが出来上がりも美しく、着る人を最高に美しく見せてくれます。
既成のワンピースはお手ごろ価格で購入が可能です。サイズが合えば素敵に見えますが、誰でも合うわけではありません。
自分だけの補聴器を作るためには時間と努力が必要です。しかしその労力に見合った結果は得られるでしょう。
補聴器の調整には専門の知識が必要です。会話を楽しむのなら専門家に調整をしてもらってください。では次回までお元気で~

まとめ

補聴器は「ことばを聞くための機器」であり集音器は「音を集めるための機器」です。
この違いを聞いて違いがすぐに分かる人はまれでしょう。

世界は沢山の音で溢れています。通常人はその沢山の音の中から言葉を聞き、言葉以外の音は雑音として処理します。難聴になるとこの聞き分けをすることが非常に難しくなってしまいます。
聞こえる人が当たり前にしている雑音と言葉の聞き分け。それが難しくなっている難聴者の言葉の聞き取りを助けてくれるのが補聴器です。

補聴器は周囲の雑音から言葉を聞き取りやすくしてくれます。雑音を抑え、言葉を浮き上がらせてくれるのです。しかし集音器は音を集めるだけです。難聴者の言葉の聞き取りをサポートする事を前提として作られてはいません。

言葉を聞きたい、会話をしたいと願うなら補聴器を使ってください。

The following two tabs change content below.

北村 美恵子

認定補聴器技能者。これまで500名以上の方の聴こえに関するお悩みを解決してきました。西の風新聞にてコラムも連載中。 補聴器に関することなら何でもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP